あくびは伝染する

電車やバスであくびする人を見ると、こちらも思わずあくびをしてしまったという経験はないだろうか。
かの清少納言も「枕草子」の中で「見ならひするもの、欠伸」と記している。あくびは、人にうつるのだ。



心理学者の説明によると、「知覚というのは運動効果を伴う。たとえばボクシングを見ている人が、思わず拳を突き出してしまうことがあるように、あくびも目の前の人がするからつられてしまうのだ。
電車やバスのように低酸素な環境では、体が多くの酸素を求めて起こるものだと考えられ、眠気を誘うような振動を受けるなどの条件が加わるために、あくびが伝染する」という。
ちなみに、あくびには、脳が酸欠状態になったときに、大きく息を吸い込むことで血中に酸素を取り込むという効果がある。
ナメクジを食べてはいけない
下戸と酒
あくびは伝染する

SINCE 2009/08/08
inserted by FC2 system